×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』異世界で戦う自衛隊の活躍を描いた、超スケールエンタメファンタジー!~紹介アフィリエイト~嶋津球太

『主要人物』メンバー紹介


伊丹 耀司(いたみ ようじ)- 諏訪部順一

■陸上自衛隊二等陸尉
第3偵察隊隊長 → 特地資源状況調査担当。
モットーは「喰う寝る遊ぶ、その合間にほんのちょっと人生」
中学校以来の年季の入ったオタクで、漫画やweb小説を読むことに情熱を注ぐ。
過去に梨紗と結婚していたが、銀座事件後に離婚している。
銀座事件での功績で二等陸尉に昇進、特地では第3偵察隊の隊長に任ぜられ、探索の課程でテュカ・レレイ・ロゥリィと出会う。
新設の三流大学を卒業後、一般幹部候補生として入隊。
訓練成績は最下位だったがブービー(上位成績者の1人が訓練中に負傷したための繰り上がり。しかも訓練を見た教官から「伊丹が合格なら、怪我した者が不合格になるのは理不尽だ」とまで言われる)で任官。
素行を矯正させるべく、上官の命で幹部レンジャーに放り込まれ、レンジャー徽章をぎりぎりで取得。
その後習志野駐屯地に配属となり、「不真面目さが逆に役に立つ」として特殊作戦群に送り込まれ、空挺徽章やその他の徽章も取得している。 勤務態度は役務に誠実とは言い難く、常に危険を避け、何となく任務を果たしてお茶を濁している。
評価は「不可にならない程度に可」
しかし怠け者だが決して無能なわけではなく、直感的な状況観察能力と咄嗟の状況判断力に優れ、危機察知能力と危機回避能力、逃走能力が非常に高い。
自衛隊という枠に嵌まることのない柔軟な思考の持ち主で、仲間のためにルールを破ることを厭わない義侠心を持つ一方、理想と現実をすり合わせてシビアな判断を下すこともできる。



テュカ・ルナ・マルソー - 金元寿子

■精霊種エルフ(ハイエルフ)の娘
見た目は10代だが、年齢は165歳。金髪のロングヘアと碧眼を持つ、顔立ちとスタイルが非常に整った美人。弓と月琴が得意。
コダ村にほど近い「コアンの森」の中のエルフの村で父親のホドリューと暮らしていたが、村は炎龍に滅ぼされ、父によって井戸に放り込まれた彼女だけが生き残り、伊丹たちに助けられる。
就寝時には寝巻は着ず全裸で眠り、添い寝した相手に抱きつく癖がある。
父・ホドリューの影響で希少種の精霊種エルフでありながらヒト種に対しても驕るところは全くなく、食事や風呂を共にするなど良好な人間関係を築いている。
バイセクシュアルを公言しているが男性は伊丹一筋で、伊丹以外の男性にはどんなイケメンであろうが地位であろうが性格の良い男性であろうが性的興味が全くない。
さらに伊丹のことになると人が変わってしまうなど、弱ヤンデレ。
戦闘時は催眠や守護といった精霊魔法を使用する他、来日時に日本で購入したコンパウンドボウを愛用。
細腕ながら、並みの男性では引くこともままならない弦を軽々と引き、放つ矢には風の精霊魔法を上乗せして威力を増している。 。



レレイ・ラ・レレーナ - 東山奈央

■カトー老師のもとで魔法を学ぶ少女
髪は銀髪のショートカット。ヒト種の中でも定住地を持たずに大陸を流れ歩く部族「ルルド」出身。
特地では15歳が成人基準なので、「大人」の女性。
未知の物に対する好奇心が旺盛で、日本語を短期間で習得し、銃器の原理を独力で理解するなど頭脳明晰。
基本的に無表情で冷静だが、伊丹に近寄る女性に嫉妬したり、対炎龍戦では饒舌になる。
カトーによれば幼少時から病弱な母親の世話をするために働いており、母と再婚した義父からも冷たくされた事から身内であっても「ギブ&テイク」の関係が必要と考えており、自分から他人に甘えたり他人を甘やかしたりという行動がとれない。
そのため閉門騒動後の「門」再開通のための作業では「目的を完遂しなければ」と無理のし通しだった。
もともと通訳として、また魔導士として、さまざまな形で自衛隊側・特地側双方で一目置かれる存在だったが、炎龍討伐メンバー唯一の「帝国生まれのヒト種」であることから帝国内で英雄に祭り上げられ、さらにハーディの思惑によって日本と特地の運命を左右するキーパーソンにまで押し上げられることになる。
伊丹が特地での婚姻と同義の儀式行為をしてしまったがゆえに「伊丹の配偶者」を自称している。
自分の家で伊丹に手作り料理を振舞ったり、伊丹の食事の嗜好を研究する学術的な観察日誌をつけたり、どう見ても一人で寝るには大きいベッドが家にさりげなくあったりと、不器用ながらも彼女なりに色々と努力している。



ロゥリィ・マーキュリー - 種田梨沙

■死と断罪の神・エムロイに仕える亜神
人の肉体を持ったまま神としての力を得た存在で、エムロイの使徒とも呼ばれる。
敬称は「聖下(せいか)」
見た目は10代前半だが961歳。
切り揃えた腰丈の漆黒の長髪に赤い瞳を持ち、戦いに臨む際は唇の色がピンクから紫紺に変化する。
不老不死でゴスロリに似た黒い神官服を身にまとう。
人外の身軽さとスピード、そしてパワーを併せ持ち、大人が数人で抱えるようなハルバートを振り回して戦う。
伊丹に興味と好意を併せ持っており、彼を誘惑したりする。酒も嗜むがそう強くはない。 同性愛者の正神ハーディから求愛されているが、当人はまともに取り合っていない。 自分の仕事や信条には非情なまでに忠実。
甘ったるい口調でしゃべるため、その容姿と相まって日本国内では色々と誤解を受けるが、国会参考人質疑での言動や戦闘時の言動など、齢を経た亜神らしい重みのある言葉を投げかける。
一方で、エムロイが求める魂を捧げるために盗賊の殺戮を行うため、断罪や狂気を司るエムロイの目に留まりそうなものにとっては恐怖の対象である。
亜神故に人間とは違った価値観の持ち主ではあるが、非常に仲間思いでもあり、テュカがパーソナリティ障害を悪化させた時も深刻な顔をして心配したり、炎龍戦に赴く伊丹と無理やり眷属の契約を交わしたり、ダーの襲撃で窮地に陥った第3偵察隊を救援するために駆けつけたりと周囲との人間関係は極めて良好である。
遠い昔に経験した悲しい体験や、信仰する神としての性質から「死神」「闘神」という物騒な字を付けられているが、あと40年ほどで陞神するときに、何の神になりたいかという仲間の質問に照れながら「愛の神」と答え、特地語を解さない梨紗を除きその場にいた伊丹、テュカ、レレイ、ヤオの4人をしばらくの間石化させた。
眷属となった伊丹が死んだ場合、魂が自らの下に必ず来ることから、伊丹に対する気持ちも他のとりまく女性陣に比べて余裕がある。
伊丹やその周囲の日本人から神道式の柏手を打って祈られるのを好意的に思っており、アルヌスに神殿を建てた際も自分にはこれで十分と言って祠のような小さな神殿を建てている。





ヤオ・ハー・デュッシ → ヤオ・ロゥ・デュッシ - 日笠陽子

■肉感的な美人ダークエルフ
315歳。伊丹たちが手負いにした火龍にシュワルツの森を襲われ、集落の代表として緑の人(自衛隊)に炎龍退治を依頼しに来た。
貞操観念は薄く、ちゃんと手順を踏めば行きずりの人間と肌を重ねるのも厭わない。
また狭間に炎龍退治を断られると伊丹とテュカに目を付け、テュカに父親の真実を告げて精神的に追い詰めて伊丹を動かそうとするなど、必死になると目的のために手段を選ばなくなる。
親友に婚約者を寝取られ、次の婚約者とは結婚式直前に死別。その葬式で言い寄られた男も事故死、それなのに自分が取り仕切った友人の結婚式の余興のくじで1等を引くなど、とんでもなく薄幸。
最初の婚約者はヤオが帰還した時点では生存していたが、親友は殺されていた。
炎龍討伐後、休眠期の炎龍を起こしたのがハーディの使徒のジゼルと知り、信仰する神をロゥリィに改宗し、ヤオ・ロゥ・デュッシと改名した。
結果、ロゥリィを敬愛するロゥ・シタンのメンバーは誰も直信徒第一号になれずに終わり、ヤオは彼らに恨まれるという不幸も発生。
ロゥリィからもらった5円玉をお守りとして大事にしており、本人曰く「5円玉をもらってから嫌なことが起きにくくなっている」らしい。
後に伊丹に貰った50円玉・500円玉を用いたお守りも自作している。



ピニャ・コ・ラーダ - 戸松遥

■「帝国」の第三皇女
赤い髪を持つ美女。19歳。モルトの5番目の子供で、第10位の皇位継承権を持つ。
モルトに命じられたアルヌスへの偵察途上で出会ったデュランから自衛隊に関する情報を聞き出そうとするが、デュランからは「帝国」への恨み言をもって応じられる。イタリカ防衛戦で自衛隊の実力をいち早く認識させられ、和平交渉の仲介役を引き受ける。
趣味で同世代の貴族の子女を集め、自前の騎士団である「薔薇騎士団」を結成している。
部下に残酷な命令を出すこともあるが、皇族としての義務感が強く慕われている。
性格は気位が高く帝国貴族以外を見下しがちだったが、自衛隊の戦力を見たことで帝国至上だった思想に亀裂が入り、以降は幾分柔軟になった。
日本人奴隷の件が発覚した際に懇意にしていた菅原が凄まじい怒気で問い詰めてきたときは怒りの理由が理解できず困惑している。
来日時に梨紗の部屋で目撃した「特殊な芸術」に傾倒して腐女子として目覚め、趣味で創作するまでになる。
ただし腕が悲劇的に追いついていない画伯レベル。
彼女自身は日本語を読めないため、ボーゼスら語学研修生に翻訳して送ってもらっている。
モルトが倒れ、ゾルザルがクーデターを起こした際に主戦派から吊るし上げを食ったことで政治に関わることを忌避するようになり、伊丹たちに救出され帝都を脱出した後、日本の梨紗の部屋に逃亡して引き籠っていた時期があったが、シェリーの説得で皇太女即位を承諾して復帰、イタリカに帝国正統政府を開府する。



栗林 志乃(くりばやし しの)- 内田真礼

■第3偵察隊所属・二等陸曹
24歳。漫画版では伊丹や第三偵察隊のメンバーから「クリ」「クリボー」などと呼ばれる。
女性ながら近接格闘が得意で、格闘徽章を持つ。
その格闘戦能力は極めて高く、イタリカ防衛戦で超人的な戦闘能力を持つロゥリィと即興でコンビネーションを合わせたり、伊丹の命令でゾルザルを皇帝や大勢の護衛の前で半殺しの目に合わせたり、特地の怪異生物とナイフ一本で渡り合い勝利するなど、作中でも武勇伝を積み重ねている。
それ故に好みの男性は、自分と同等の強い男性で、彼女とデートをする際は、デートコースに必ず設定される道場やジムにて「お突き合い」を要求される。
小柄な体格ながらB92cmの巨乳持ち。
周囲からは筋肉ではないかと疑われており、猪突猛進の性格も相まって、伊丹からは「脳筋爆乳馬鹿女」と呼ばれている。
身長が自衛隊合格基準の150cm未満だが、色々誤魔化して入隊した。
レンジャー徽章と特戦群に憧れているが、それ故にオタクで普段はやる気の欠片も見えない伊丹がレンジャー資格所持者で特戦群出身であることを知った時には、この世の不条理を嘆いている。
結婚願望が強く、伊丹に酔った勢いで特戦群の男性を紹介してくれるように頼み込んだこともある。
また富田に好意を抱いており、富田がボーゼスのことが好きだと知っても諦めず、ついにはボーゼスへの告白直前にボーゼス宅に乱入するが、ロゥリィの手であえなく鎮圧される。





富田 章(とみた あきら)- 安元洋貴

■第3偵察隊所属・二等陸曹
27歳。レンジャーと空挺徽章両方を取得している。
個性豊かな第3偵察隊面々の中では一般的な良識と規範を持つ自衛官。
物語を通じて、伊丹の実質的な右腕として活躍する。後にボーゼスとの結婚の都合上、身分の違いを埋めるため、ピニャの配慮で帝国爵位貴族の地位を賜り、卿の称号を得る。
ボーゼスのような女性が好みのタイプで、来日時に護衛に付いたことで互いに意識し合って後に交際に発展、結婚まで意識するようになる。
閉門騒動時は伊丹のバディとして、「門」の暴走状態を解除するために暴走を固定する魔方陣となった駐屯地外壁を崩す発破作業を行うために同行、「門」が閉じた後も特地に残る。
閉門騒動後、しばらくしてボーゼスとの間に長女の舞を授かる。大祭典にて(日本の入籍登録ができない代わりに)正式な結婚式を挙げることになるが、このことでまた一騒動起こる事となる。



倉田 武雄(くらた たけお)- 石川界人

■第3偵察隊所属・三等陸曹
21歳。高機動車ドライバーで高い技術を持つ。
北海道名寄駐屯地から招集。
伊丹同様のオタクでケモナー(ケモノ娘萌え)であり、伊丹とはおたく話で盛り上がる仲。
また銀座事件の日に同人誌即売会の会場にいたが、自衛官として何もできなかったことを気に病んでおり、伊丹のことは自衛官としても非常に尊敬している。
帝都に開店したPXの支店で、出入りの商人を通じた情報収集を行うが、漫画版ではこの際、商人自身やその妻ではなく、子供たちへの贈り物を用意して相手の気を引いていた。
また皇族(ゾルザル)のお忍びパーティーの噂を聞きつけ、パーティーの厨房に古田を送り込むよう話を付ける。
イタリカに連れ戻された伊丹を奪還する際にフォルマル家の猫耳亜人メイドのペルシアと出会い、一目惚れ。その後はイタリカでの任務を率先して引き受けながら交際を重ねていく。
特地自衛隊に全面撤退命令が出された際、ペルシアを助けるために一人戦地へ飛び出そうとして仲間に力づくで制止されるが、伊丹が届けた新たな命令書によって待機命令は撤回。
イタリカへの救援部隊に参加した。閉門後は特地に残留、恋仲となったペルシアとは熱々の状態。



ハミルトン・ウノ・ロー - 葉山いくみ

■侍従武官・准騎士
17歳。仲が良好な婚約者がおり、性的には騎士団の中で一番進んでいる。
騎士団設立以前からよくピニャに同行しており、騎士団学校時代はどちらかというと「鈍くさい方」だった。
イタリカにおいて自衛隊との交渉をまとめた手腕をピニャに評価され、ピニャの秘書として働くようになる。
ピニャに対する忠誠はボーゼスに負けず劣らずで、ゾルザルのクーデターによりピニャが幽閉されて主戦派元老院議員の槍玉に挙げられた際も、1人で元老院を相手に舌戦を行った。
優秀な秘書ではあるが、いささか思い込みが過ぎるきらいがあり、また物事を実行する際にも度を越した根回しで暴走するところがある。
ピニャと伊丹をくっつけようとして酒樽の中に激烈に効く媚薬を混ぜるが、出所不明なその薬を自分の両親で試して家族を一人増やしてみたり、それでも効能を信用できずに自分の婚約者に薬を飲ませ、自分の腰が抜けるほどの体験をして艶を出してみたりと、優秀なのか抜けているのかわからないところがある。
なお、この媚薬が混ぜられた酒樽が、後にピニャとケミィたちを巻き込んで起きたちょっとした騒動の原因になった。



黒川 茉莉(くろかわ まり)- 明坂聡美

■第3偵察隊所属・二等陸曹
23歳。看護資格を持っており、救出活動における主幹人員。
身長190cmと長身。特地の子供達に慕われており、テュカにも懐かれている。
父親は海上自衛隊で、潜水艦に勤務している。
真面目で気配りができるが、目の前で困っている人を助けたい衝動はあってもその先の展望がないため、理想が先行しがちな(悪く言うと無責任な)提案をしては伊丹に却下されている。
そんな伊丹に反発していたが、自身の提案した内容と同様の事が行われてテュカの自我が崩壊した様を見てからは慎重になった。
つまらない冗談のせいで病院に強制収容された伊丹の監視役として異動となり、第3偵察隊メンバーとしては一番最初に日本に帰還する。
当初はお淑やかな口調に多少毒が混じる感じであったが、伊丹と行動を共にすることで何かを吹っ切って悟ってしまい、お淑やかな口調は変わらないが毒気がさらに増した。
閉門後も変わらず自衛隊中央病院に勤務し、4年後には看護師長を任されている。



ボーゼス・コ・パレスティー - 内山夕実

■黄薔薇隊隊長
パレスティー侯爵家の次女。18歳。金髪縦巻きロールの髪型が特徴のお嬢様然とした女性。
ピニャに対して忠誠を立てており、無謀な状況でも彼女を助けようと単騎敵地に乗り込んだ。
イタリカ防衛戦へ薔薇騎士団本隊とともに駆けつける途中、イタリカからアルヌスに帰還する途中の第3偵察隊を発見し、パナシュとともにこれを臨検。自衛隊とピニャの間で結ばれた協定のことを知る由もなく、伊丹らがアルヌスへ帰ると知ると伊丹を捕らえてイタリカへ連行・暴行し、顛末を知ったピニャを激怒させる。
日本政府との仲介交渉のためにお忍びで来日したピニャのお供をした際に護衛として同伴した富田を異性として意識するようになり、交際へと発展。
ゾルザル軍との最終決戦時には富田との子を身籠った状態で戦いに身を投じている。
閉門騒動後、栗林の襲撃や他の嫉妬した貴族女性や新人亜神の妨害工作などの万難を乗り越え、無事に富田と結婚。
一人娘の舞を授かる。
アルヌスが日本国アルヌス州になった後、富田のそばで生活するために騎士団を退官し、「ピニャの信任を受けたアルヌス駐在武官」という肩書でアルヌスの自衛隊管理区域境界線近くに住居を構え、アルヌスの住人からは「坂の上の黄薔薇屋敷」と呼ばれている。



PR


PR


映画情報

女性のための出会い


『お名前.com』


「黒執事」Blu-ray BOX


PR


フィギュア情報


俺の妹がこんなに可愛いわけがない
黒猫 ・・なわけがないver.



PR


「黒執事」Blu-ray BOX


マルチドメインレンタルサーバー【シックスコア】

PR


【Amazon.co.jp限定】けいおん! Blu-ray BOX